ニュース/イベント ニュース/イベント
GAME

試合情報

6/25Sun2023試合情報

キャプテン根井が第3号で意地 茨城の投手陣を崩せず連敗

6/25 埼玉武蔵ヒートベアーズ  4-7 茨城アストロプラネッツ(UDトラックス上尾スタジアム)

エース小野寺賢人が先発し、ホームで8勝目を狙った試合だったが、茨城打線に13安打を浴び、完敗を喫した。

久々のホーム先発となった小野寺は、立ち上がりランナーを出しながらも、クイックや変化球を駆使して点を与えないピッチング。

一方の茨城先発キロメは、ドミニカ出身で元MLBメッツの肩書を持つ最速96マイル右腕。茨城に入団して日本で初めてのピッチングとなる。国内球団に対してもショーケース的な意味合いがあるだろう。3回までの登板だったが、内容はパーフェクト。ベアーズ打線相手に5三振を奪い、一人のランナーも出さずに終わった。

5回表、茨城は四球で出たランナーを送り、まず土田のタイムリーで1点。さらに上田のヒットと盗塁、石垣の犠牲フライ、ウレーニャのタイムリーでこの回3点を先制した。

3点を追いかける展開となるが、ベアーズ打線は、キロメに代わった土生からもなかなかヒットを打てない。6回裏にようやく伊藤康人がチーム初ヒットを放つと、金子功児、阪口竜暉の連続タイムリーで2点を返した。

2-3と1点差に迫った次の7回表、小野寺は二死を簡単に取った後、上田の二塁打を皮切りに、石垣、ウレーニャと連続タイムリーを浴びてしまう。2-5と再び3点差になり、小野寺はこの回を投げ切ったが、7回5失点、被安打11奪三振3与四死球1でマウンドを降りた。

8回のマウンドに上がったのは阿部真也。回の先頭にはストライク先行だったが振り逃げを許し、ヒットと死球で無死満塁。ここから2つの四球で押出しの2点を献上してしまう。2-7と点差は5点に広がった。

6月最後の日曜日。集まったファンによる応援のボルテージは下がらない。8回裏、ベアーズ打線は茨城の投手が大生に代わったところを攻める。先頭の髙島輝一朗がヒットで出ると、暴投で二進。伊藤康人もセンターに打ち返して無死1,3塁。続く清田育宏は併殺に倒れたが、その間に1点を返した。

9回表は菅原宗一郎が登板。ヒットでランナーを出すが、盗塁死があって結果三人で片付けた。その裏、最後の攻撃は阪口から始まったが、ライトフライに倒れて一死。しかしキャプテン根井大輝がライトスタンドへ第3号のホームランを放つ。町田隼乙がレフト線にヒットで続くが、後続が倒れて試合終了。4-7という結果に終わった。

茨城に連敗だ。昨日の高林、今日のキロメと、いい投手なのは間違いない。しかし打てないままでいるわけにはいかない。打線の爆発力もある茨城は、ハマればこの先も手強い相手となるだろう。投打ともに奮起が期待される。

7回5失点の先発小野寺賢人

「茨城打線は早打ちだったので、三振はあまり取れない。カウント球を打たれた感じです。今日悪かったところとしては、低めのまっすぐが通らなかった。(今日から試合に使った新球種の)シュートは何球か、右打者にも左打者にも使ってみました。詰まらせることは出来たと思います。次は勝てるようにします」

(写真: 株式会社中原写真事務所)
(記事: HISATO)

 

 

一覧へ戻る