PLAY GAME試合情報

清田育宏2号2ランもチャンスにあと1本が出ず、神奈川に敗戦

23.05.27 [Sat]

5/27 埼玉武蔵ヒートベアーズ 3-4 神奈川フューチャードリームス(所沢航空記念公園野球場)

昨年と同じカードになった所沢航空公園での一戦。先発武内風希は立ち上がり、四球、犠牲バント、犠牲フライとノーヒットで1点を失う。
反撃したいベアーズだが、神奈川先発の鳥谷部はゾーンにまとまりがなく、打者が手を出しづらいピッチング。7回まで2安打と抑えられ、四球などでランナーは出しつつも後が続かない展開となった。

武内は4回に川村、7回には柿崎にタイムリーを打たれて1点ずつを失い、6回2/3で3失点。ここでマウンドを降り、二番手の加納辰也に後を託す。加納は続く吉原を空振り三振に抑えて立派に火消しの役目を果たした。

神奈川は7回誉田、8回増子と継投。ベアーズはこの増子を攻めた。先頭の1番伊藤康人がヒットで出塁すると、2番清田育宏が放った打球はレフトフェンスを越え、起死回生の2号2ランとなる。さすがの一発で俄然息を吹き返したベアーズは、エラーと四球からチャンスを作り、6番町田隼乙のタイムリーで3-3の同点に追いついた。
一気に畳み掛けたいところだったが、後続が倒れてここは同点止まり。勝負は9回の攻防へと持ち越された。

9回表、ベアーズのマウンドに上がったのは守護神芦田丈飛。だが二死まで漕ぎつけてから、代打藤田に勝ち越しタイムリーを打たれてしまう。3-4。9回裏に望みを託すが、神奈川植田の前に三者凡退に終わった。
チャンスはあったが生かし切れず、悔しい敗戦となった。

8回2ランの清田育宏
「(先発の鳥谷部について)ストライクがアバウトで振りにいけなかった。交代した投手はある程度まとまっていたので振れました。あれが今日の2スイング目だったんですよ。ホームランは出来過ぎです。自分はホームランバッターではないので。同点にはなったけど、もう1点取って勝ち越せればいいゲームになった。もったいない試合。(今日は清田ファンが多数来ていた)声は聞こえてました。あと何試合あるか分かりませんが、怪我のないように頑張ります。また球場に足を運んでください」

6回2/3で3失点の先発武内風希
「まっすぐが思ったよりよく走っていて、その分変化球を合わせるのに苦労した感じです。相手はヒット1本で上手く点を取っていた。何球か投げミスで失点しているので、次はミスがないようにしたいです」

(写真: 株式会社中原写真事務所)
(記事: HISATO)