PLAY GAME試合情報

金子が価千金の勝ち越しホームラン!小野寺5勝目

23.05.20 [Sat]

5/20 埼玉武蔵ヒートベアーズ 7-5 群馬ダイヤモンドペガサス(UDトラックス上尾スタジアム)

交流戦VS群馬第1戦は7-5でベアーズが打ち勝った。

この日の球場周辺は、AGETAKE2023と銘打った地元フードフェアとのコラボで賑わった。ベアーズ先発は4勝を挙げているエースの小野寺賢人。前回信濃戦では11安打を浴び、まさかの8失点(自責7)と不本意なピッチングだっただけに、この試合に賭ける気持ちは強い。

小野寺の立ち上がりは上々。打線も4番阪口竜暉、5番に入った清田育宏の連続タイムリーで初回に2点。2回には2番青木玲磨のタイムリーと補逸で2点。4点の援護を小野寺にプレゼントした。

しかしベアーズがこのリードを守れない。悪送球など守備の乱れもあって、3回に3失点。ベアーズは4回裏に1番伊藤康人のタイムリーで1点追加するが、5回表、エラーと布施のタイムリーで群馬が同点に追い付いた。

エースに負けを付ける訳にはいかない。5回裏、3番金子功児が振り抜いた打球はライナーでライトフェンスを越え、今季第2号。価千金の勝ち越しホームランとなった。

ベアーズは8回にも振り逃げで1点を追加し、7-5とリード。日髙太勢、阿部真也、倉橋瞳人、芦田丈飛と無失点で繋いで逃げ切った。

ヒーローとなった金子は、「いった!やった!という気持ちでちょっとガッツポーズしちゃいました。デラさんには打てなくて迷惑かけることもあったので、今日は野手が打って勝てて良かったです」と笑顔だった。

5回5失点(自責1)で5勝目の小野寺賢人

「ストレートは走っていましたが、コントロールが悪かった。(野手陣に)この恩はいつか返します。(ファンに向けて)ハラハラするピッチングをして」

(写真: 株式会社中原写真事務所)
(記事: HISATO)